神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

第53回高P連平塚秦野地区大会

  • http://hadanosogo-pta.org/2015/10/10/210005/
  • http://hadanosogo-pta.org/2015/10/10/210005/
  • http://hadanosogo-pta.org/2015/10/10/210005/
  • http://hadanosogo-pta.org/2015/10/10/210005/
  • http://hadanosogo-pta.org/2015/10/10/210005/
  • http://hadanosogo-pta.org/2015/10/10/210005/
  • http://hadanosogo-pta.org/2015/10/10/210005/

10月3日 土曜日に平塚中央公民館・大ホールにて第53回高P連平塚秦野地区大会が行われました。
大会の内容は、今年度発表校2校の研究発表と保護者研修会。当番校は平塚湘風高校さんです。
そしてなんと!今年度は秦野総合高校が発表校!それも私たち広報委員のHP立ち上げの話なのです。今日までああでもない、こうでもないと修正に修正を重ね、発表内容を作り上げました。

大会は午後からですが、朝からリハーサルを行いました。舞台の立ち位置や通しで原稿を読んだりと大忙し。マイクテストや照明チェックなども本格的で少し緊張が増しました。細部まで打ち合わせも滞りなく済み、後は開催を待つのみです。

ーさて、受付開始時間になり、地区内の県立高校14校、大勢のPTA役員の皆さんが続々と集まり、開催時間通りに大会が始まりました。
先生方、会長や副会長さん方のお言葉をいただき、いよいよ発表です。
『誰もが参加できるPTA活動をめざしてー紙からwebへー』 発表 : 秦野総合高等学校PTA
『つながろう つなげよう ハッピーサポート』 発表 : 平塚商業高等学校PTAさんの順です。

私たち秦野総合の発表。当校の特色の紹介から始まり、本部をはじめ各委員会の活動内容。そしてメインの研究内容、広報委員が広報誌をやめ、ホームページにした話です。
ホームページにしたきっかけから立ち上げ、問題点そして解決。ホームページにして良かった点…を発表。
紙からwebにすることで作業が楽になり、誰でもが参加できる委員会になった!という締め括りです。

次は平塚商業さん。
役員だけではなく、保護者の皆様にも働きかけてPTA活動をしているということでした。
私たち秦野総合とは逆のベクトルですが、役員活動を楽に皆んなで盛り上げるということは共通していて、やはりPTA活動の目指すところはそこなのではないかと思いました。
また、オリジナルキャラクターとても可愛かったです。生徒さんのプレゼンなどなど「さすが!商業高校らしい!」と興味を惹かれました。

最後の保護者研修会は講演です。講師は朝日新聞大阪本社 生活文化部 中塚久美子氏 演題は『子どもと貧困ー私たちにできることー』でした。
子どもの貧困…耳にすることが近年、増えましたね。お話を聞いて胸が痛くなる思いでした。
拝聴しながら「私に何かできることはあるのか?」と考えましたが、答えは…難しいですね…
講演内容は、事例と取材の内容だけでしたので、学校やPTAである私たちに今何が出来るのかを具体的に教えていただけると嬉しかったと思います。

以上の内容で、約4時間の大会は幕を降ろしました。
さて、来月11月にはパシフィコ横浜にて、神奈川県内の発表校の中で選ばれた学校がさらなる上を目指し発表をすることが予定されています。
この平塚秦野地区から選ばれるのでしょうか?
県内選ばれた高校のPTAの皆さんには、頑張っていただきたいです。

最後に、当番校の平塚湘風高等学校PTAの皆様、大会運営お疲れさまでした。また、大会に参加されたすべてのPTA役員の皆様、お疲れさまでした。
大変だとは思いますが、これからもPTAの活動頑張りましょう‼︎

 

2015年10月10日 寄稿