神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

学校長あいさつ

  • http://hadanosogo-pta.org/2016/04/24/121806/

PTA会員の皆様 こんにちは。

校長の小山でございます。本校に着任して3年目を迎えます。PTAの皆様にはお子様の大いなる成長のため、様々な活動を通し本校にご支援いただいておりますことを深く感謝いたします。

さて、本校としましては県立高校改革により学校のあり方等が変わるのかと気をもんでおりましたが、この1月に決定しました県立高校改革(Ⅰ期)によりこれまで通り総合学科の高校として継続していくこととなりました。ただし、来年度からも引き続き総合学科として募集する全日制7校はこれまでの学校ごとの特色だけではなく、中学生にもわかりやすい神奈川県立の総合学科高校を目指し、系列を4系列にそろえるなど共通する部分を作ってまいります。

学校内においては、239名の新入生を迎え宿泊研修、社会見学等も終えたところです。今年度も、個々の生徒が自己を理解し将来の目指すべき姿を描きながら、自ら課題を見つけそれを解決していく力をつけるため、1年次の「産業社会と人間」など総合学科ならではの学習活動を展開しています。そしてそういった授業を大事にするだけでなく、部活動・ボランティア活動など幅広く様々な体験をする機会を大切にしてまいります。

なお、授業については質の向上と時間の確保が重要であり、今年度から長期休業の日数を減じるとともに、開校記念日にも授業を行うこととしました。

学校の教育活動には、ご家庭のご理解ご協力も必要ですので、今年度もよろしくお願いいたします。また、保護者同士の交流も重要と考えておりますので、学校行事、PTA行事への積極的な参加により、お子様の成長を見るとともに皆様方との交流を深めていただければ幸いです。

秦野総合高等学校長  小山 修

2016年04月24日 寄稿