神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

卒業生へのお祝いの言葉・贈る言葉

【3年1組 担任 高橋 裕子】

卒業おめでとうございます。どんな3年間でしたか。
皆さんの明るさ、素直さ、やさしさに助けられて、私もここまでやってこられたと思っています。本当にありがとうございました。
個人的に応援しているプロ野球チームが、必死に上を目指してがんばっていますが、それを見ていると、いつの間にかこちらも必死で応援してしまいます。皆さんも応援の力を実感していることと思いますが、これから益々、応援される人になって下さい。そして、いつかは、応援する人になっていって下さい。
遠くない将来、自立した大人になった、すてきな皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

【3年2組 担任 栗原 昌広】

14年次生生徒の皆さん、保護者の皆さんご卒業おめでとうございます。
3年生として過ごしたこの1年間は、自分の将来について今までで一番考えたことでしょう。思い描いた進路を実現させるのも、諦めるのも自分次第です。これから一層の努力を重ねてください。
保護者の皆さん、子どもたちは新しい環境で不安定になりやすい時期です。もう少しの間お子様の成長をサポートしてあげていだけたらと思います。

【3年3組 担任 松原 智子】

ご卒業おめでとうございます。
3年間、保護者の皆さまのご理解とご協力をいただきまして、本当にありがとうございました。担任として、無事に生徒さんを送りだすことが出来て、安心しております。
秦野総合高校で過ごした3年間を忘れずに、これからも活躍されることを期待しております。

【3年4組 担任 木村 尚二】

卒業おめでとうございます。3年前、期待と不安が交錯する入学式に生徒諸君並びに保護者の皆さまが参加されました。高校生活は走馬灯のように駆け巡り、そして卒業式を迎えました。高等学校課程は通過点にしか過ぎなく、これからがお子様の真価が問われる時期を迎えます。進学される方は勉学に勤しんで社会に適応できる人物になってください。就職される方は社会の荒波に耐える強い心をもって向かってください。期待しています。

【3年5組 担任 岩本 明久】

9期生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんとは2年間の付き合いでしたが、秦野総合高校での3年間どうでしたか?校則が厳しい、反省文ばっかり書くなどと話を聞くことがよくありました。でも、この経験は絶対君たちのプラスになってくれます!10年後には秦野総合高校でよかったと思ってくれると信じています。それでは皆さんまた会える日を楽しみにしています!!

【3年6組 担任 光廣 隆司】

卒業おめでとうございます。担任として、この年次のみなさんとは1年間のみの付き合いでしたが、229名全員がそろって3月4日に卒業できることはとても素晴らしいと思います。進学・就職・その他、それぞれに進む道は違いますが、一人ひとり夢と希望を持って、自分の道を切り開いて行ってほしいと思います。
おめでとう 3年の日々に おめでとう 12の季節に おめでとう 18の歳月に
力強く羽ばたいて下さい。

【3年副担任  稲葉 茂代】

ご卒業おめでとうございます。これからは大変な事もたくさんあると思いますが、勉強や部活動で頑張った経験はきっと今後の人生でもあなたを支えてくれると思います。これからも全力で様々なことに取り組んでいってください。

【3年副担任 小澤 由紀子】

ご卒業おめでとうございます。落ち込んだときは、Tomorrow is another day. の心持でのりきってください。ご活躍を期待しています。

【3年副担任 鈴木 史夫】

卒業おめでとうございます。私はみんなの進路に関わるお手伝いをさせてもらいました。就職する人、進学する人、進路は様々です。どの道に進むにしても、どうか覚悟をもって進んでほしい。これからの取組は、みんなの将来に大きく関わってくるからです。若いみんなは、限りない可能性を持っています。自分のために、大切な人のために、将来のために、頑張れ!苦しくなったら、学校においで。いつでも学校はみんなを待っています。

【国語科 廣重 直樹】

「春風をもつ以てひとに接し、しゆう秋そう霜を以てみづか自らをつつし粛む。」
他人には「春風」のように応対し、自分には秋の冷たさの中で自分を振り返る人であってください。

【3年副担任 秋山 亮一】

卒業おめでとうございます。三年間の高校生活はまさに光陰矢のごとし。
秦総から飛び立つ先は様々だけど、胸に希望を抱き、無限の可能性の実現のために大きく羽ばたいてください。皆さんの輝く未来に幸多かれと祈ります。

【3年1組 副担任 永井 明彦】

私事ですが、最近、植物を育てるのがおもしろくなってきました。そこでつくづく感じさせられるのは、しっかり根を張った草木は強いという事です。逆に見た目がどんなに元気そうで立派な草木でも、根の育っていない植物はやがて貧弱になってきます。根を張ることは時間もかかるし、目に見えない地味な努力ですが、将来立派に自立した木になるための必要条件です。何かと目に見える結果ばかり求められる嫌な世の中ですが、しっかりと根を張り続けて大木になり、世の中を支えていただきたいと思います。卒業おめでとう。

【3年2組 副担任 鈴木 要】

生徒の皆さん、保護者の皆様、御卒業おめでとうございます。
少しだけ大人に近づき、これからは大変な事も多くなると思いますが、秦野総合高校で過ごした三年間を思い出し、勉強や部活動で頑張った経験を活かして頑張ってくれると信じています。それぞれに進む道は違いますが、一人ひとり夢と希望を持って自分の道を切り開いて下さい。

【3年3組 副担任 秋元 巧美】

卒業おめでとう。
皆さんは本当によく頑張りましたね。大変なことも多かったと思いますが、秦野総合高校で経験できたことを大切にしてください。これからは自分の力で自分の能力を伸ばしていくという気持ちで、ひとり一人が人生の成功者になって活躍していただければ嬉しいです。

【3年4組 副担任 小澤 毅彦】

卒業おめでとうございます。3年間の長い間、いろいろとおつかれさまでした。人それぞれさまざま経験したことがあると思います。誰もみなやがてはここを去っていきます。終わった後に結局ここは自分にとって何であったのか、考えることもあるかもしれません。いずれにせよ。これから先の人生も自分で決めることになります。これからもがんばってください。

【3年5組 副担任 武藤 清司】

部活や勉強、3年間真面目に頑張り結果を出した人がたくさんいます。それがごく小さな成功体験であっても、努力を続け、苦労して手に入れたものほど価値のあるものはありません。また、よい結果が出なくても君たちが積み重ねてきた努力はいつか必ず報われる日が来ます。「努力は人を裏切らない」、大人になっても言える日が来るといいですね。

 

2017年03月04日 寄稿