神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

第63回 関東地区高等学校PTA連合大会 1日目

  • http://hadanosogo-pta.org/2017/07/09/122807/
  • http://hadanosogo-pta.org/2017/07/09/122807/
  • http://hadanosogo-pta.org/2017/07/09/122807/
  • http://hadanosogo-pta.org/2017/07/09/122807/
  • http://hadanosogo-pta.org/2017/07/09/122807/
  • http://hadanosogo-pta.org/2017/07/09/122807/
  • http://hadanosogo-pta.org/2017/07/09/122807/

7月7日(金)快晴の七夕の日、パシフィコ横浜にて「第63回関東地区高等学校PTA連合会大会」の全体会が開催されました。
関東地区の開催と言う事で、神奈川県はもとより栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県・山梨県の7県、総勢約4500名からのPTA会員が参加されました。

全体会には校長先生及び本部役員5名、成人委員会から2名、交通委員会から1名、広報委員会から1名、年次委員会から2名の計12名が参加しました。

今年の高P連メインテーマは「心ふれあう しなやかな 人づくり 〜学び行動するPTA~」です。

開会前にはおよそ1時間にわたって高校生によるアトラクションがあり、ブラスバンド(湘南台高等学校)やチアダンス(金沢総合高等学校)、手話ダンス(横浜南陵高等学校)等一糸乱れぬパフォーマンスに会場は一気にヒートアップ!
生徒達による素晴らしいパフォーマンスに会場は割れんばかりの拍手が沸き起こっていました。

12:40から高P連全体会が始まり、黒岩祐治知事や県議会議員等多くの来賓から多くの開催の祝辞が述べられました。
祝辞の後は昨年度貢献のあった方や学校への表彰式や感謝状授与式があり、表彰を終えると大会代表による大会宣言文(案)が高らかに読み上げられ、賛成多数にて大会宣言文として可決されました。
ちなみに次期高P連関東地区大会の開催県は栃木県となり、代表者より栃木での開催に対する魅力について熱く力強く語られていました。

40分の休憩を挟んで、皆さんお待ちかねの記念講演です!
記念講演ではフリーアナウンサーの羽鳥慎一氏による演題「聞くちから、話すちから」。
出足から会場を沸かせるトークが炸裂!一気にPTA会員の心を鷲掴みした羽鳥氏、そのままのペースで講演に突入!
対話形式での講演始まり、いつものテレビ越しに聞くあの声でご自身の過去のエピソードを混ぜつつ「聞く」と「話す」についてより実践的で普段のコミュニケーションから使える内容の貴重なお話を聞かせて下さいました。
講演の最中、会場には終始笑いに溢れていました。

7日全体会の予定は全て滞り無く終了し、翌日の分科会に引き継がれていきます。

2日目へ続く

2017年07月09日 寄稿