神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

卒業生へのお祝いの言葉・贈る言葉

【年次代表 荒川 静也(地歴公民) 】

卒業おめでとうございます。2015年4月から3年間、皆よく頑張ってきたかと思います。進路目標の実現ということをかかげ、叱咤激励してきましたが、これからがたいへんな時期だと思います。志を立てるときの緊張感を忘れずに、個性を大切にしてください。保護者の皆様、学校へのご協力ありがとうございました。

【1組担任 安藤 隆行(国語)】

卒業おめでとうございます。人生の節目ですね。胸を張って、新しい世界へと、足を踏み出してください。笑顔と感謝の気持ちがあれば大丈夫。秦総での思い出が皆さんの支えになったら嬉しいです。

【1組副担 依光 博之(数学)】

卒業おめでとうございます。自分で選び、努力して進んだ道を信じ、高校時代に培ったパワーで頑張ってください。夢は意外と実現します!

【2組担任 川﨑 真一(地歴公民)】

卒業おめでとうございます。初めて卒業生を送り出す私にとって、皆さんから学ぶことはとても多かったです。授業で伝えた通り、うまくいかないことや、思い通りにならないことが皆さんの人生を輝かせますので、感謝の気持ちをもってそれぞれの夢に突き進んでください。

【2組副担 高橋 裕子(国語)】

生徒の皆さん。保護者の皆さま。ご卒業おめでとうございます。
私は、副担として、教科担当として一年間のお付き合いでしたが、教室で初めて会ったときから、楽しく、有意義な毎日を過ごさせていただいて、とてもうれしく思っています。第一印象は大切ですね。これから新しい環境に移って、不安と期待の入り交じる中、緊張の連続かと思いますが、どうか新しい出会いを大切に。
まず、ちょっと優しくほほえんでみてはいかがでしょうか。ご活躍をお祈りしています。

【3組担任 下田 善典(理科)】

卒業おめでとうございます。3年間自分の子(末っ子)と同じ年齢の皆と過ごせて大変楽しかったです。これからは大変な事もたくさんあると思いますが、勉強や部活動で頑張った経験を生かして大きく羽ばたいて下さい。

【3組副担 秋元 巧美(数学)】

卒業おめでとう。皆さんはよく頑張りましたね。大変なことも多かったと思いますが、お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに自分だけではなく周囲の人たちも幸せにできるような人になってもらえると嬉しく思います。

【4組担任 高橋 岩雄(数学)】

卒業おめでとうございます。振り返ってみると、私にとって8回目の卒業生になります。秦野総合を卒業してよかったと思える生徒・保護者の方が少しでもいれば、肩にかかった3年間の重みは一瞬にして解消するものです。それがまた担任をやろうという原動力になります。医師が治療によって患者が治るのが一番の生き甲斐であるのと同じように、我々は生徒が力をつけ伸びていくのが一番の喜びです。卒業後の成長した姿を見せに来てください。

【4組副担 武藤 清司(英語)】

勉強や部活を3年間頑張り続けて結果を出した人がたくさんいます。それがごく小さな成功体験であっても、努力を続け苦労して手に入れたものほど価値のあるものはありません。また、よい結果が出なくても君たちが積み重ねてきた努力はいつか必ず報われる日が来ます。「努力は人を裏切らない」、大人になっても言える日が来るといいですね。

【5組担任 井上 仁美(理科)】

ご卒業おめでとうございます。私にとって初めての卒業生である君たちと過ごした3年間は、私にとって、とても濃いものとなりましたが、皆さんはいかがだったでしょうか?私は、だいたい怒っていたと思います。1、2を争う厳しくしつこく面倒くさい担任であったと自覚しております。3年間で「あの先生はどうだった。」という言葉をよく聞きました。これから先、色々なことがあると思います。過去はきれいに見えるものです。あの時はよかったな。と思うことは簡単なことです。過去は変えられないからきれいに見えるのです。“今、置かれた状況でどう頑張るか”で全てが変わります。過去にとらわれるのではなく“今の状況を楽しむ”ことが重要であるということです。無理のない範囲で頑張ってください。どうしようもなく辛くなったら帰って来なさい。帰る場所があるということは強みになります。君たちの活躍をお祈りしております。

【5組副担 柴田 俊二(英語)】

卒業生の皆さん、そして、保護者の皆様、本日はおめでとうございます。卒業生の皆さんにとって、人生の本番はこれからです。後悔を重ねながら学び、幸せになってください。

【6組担任 上村 伸次(保健体育)】

卒業おめでとう。健康には十分留意して、良い仲間をたくさん作って、良い家族をたくさん作って、良い仕事をたくさんして、幸せになってください。

【6組副担 曽根勘九郎(音楽)】

卒業生の皆さん、保護者の皆さま、ご卒業おめでとうございます。人生には今の自分に必要なことしか起きません。色々なことが起きると思いますが、向いた風向きで前向きに、自分らしく自由に、生きられることを願っています。ありがとうございました。

【年次副担  鈴木 史夫(保健体育)】

卒業おめでとう。皆さんの進路に関わる話をいろいろな場面でしてきました。皆さんは様々な方面に進んでいくわけですが、どの方面に進むにしても、これからの人生に大きくかかわる進路になります。自分の将来を見据え、覚悟をもって歩んでください。苦しくなったり、困ったことがあったら、学校を訪ねてください。
皆さんの活躍を祈っています。ガンバ!

【年次副担  霜島 士郎(国語)】

ご卒業おめでとうございます。「良い仕事をするには、良い準備が必要だ。」保健委員会ではありませんが、ある漫画に出てきた言葉です。これを皆さんに伝えます。就職される人も進学される人も、これからは一人前の大人として扱われます。よほど親しくならないと、生活や生き方の上で注意してくれたり、指導してくれたりすることはありません。独断で努力(準備)をせずに仕事にあたれば、失敗し責任を問われます。そして、一度の失敗で、この人はそういう人だとレッテルを貼られ、そのように扱われます。忠告してくれる良き友人を得るためにも「寿々」のように、誠実に努力しましょう。いのちを大切に、そして一人前の大人として、良い仕事をたくさんしてください。

【年次副担 真貝 一人(保健体育)】

ご卒業おめでとうございます。新たな旅立ちを祝福します。

【年次副担 早川 和宏(数学)】

幸せになれよ。

2018年03月13日 寄稿