神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

第56回 高P連平塚秦野地区大会

  • http://hadanosogo-pta.org/2018/10/06/120042/
  • http://hadanosogo-pta.org/2018/10/06/120042/
  • http://hadanosogo-pta.org/2018/10/06/120042/
  • http://hadanosogo-pta.org/2018/10/06/120042/
  • http://hadanosogo-pta.org/2018/10/06/120042/

第56回高P連平塚秦野地区大会が、10月6日(土)平塚中央公民館にて開催されました。
今年度は、「平塚中等教育学校PTA」と、「平塚工科高等学校PTA」による研究発表、そして保護者研修会とシンポジウムが行われました。

————————————————

■平塚中等教育学校PTA

研究発表:『6学年の保護者が共に参加する 中高一貫PTA』
-- 楽しく みんなで 全力応援 --

平塚中等教育学校は「6学年の保護者が共に参加する中高一貫PTA」というテーマで6学年もありながら楽しくみんなで活動している様子がみられました。中でも制服リサイクルは中1から高3という、6学年の幅広い年代が通う学校ならではのとても有益な活動だと思いました。最後に生伴奏付きで歌う校歌がとても印象的でした。

————————————————

■平塚工科高等学校PTA

研究発表:『君の成長が私たちの夢』

昔の工業高等学校のイメージとは違う今現在の生徒たちの様子や学校の魅力、PTA活動を紹介。子ども達の夢や目標を地域の方々、保護者、学校関係者が見守りお互いが支え合っている。素晴らしい内容の発表でした。

————————————————

■保護者研修会①

○講演会
『地域の新たなコミュニティの核となる学校つくり』
講師:倉田寛 先生(県教育委員会高校教育企画室室長)

学校の運営に取り組む仕組み「コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)」について説明がされました。
教職員や保護者、地域の方々と共に、教育に対する課題や目的を共有することで良い影響が期待できるという取り組みで、平成28年に取り組み始めた5校の県立高校から段階を経て、平成31年度には全県立高校及び全県立中等教育学校にコミュニティ・スクールを導入し実施されるそうです。

————————————————

■保護者研修会②

○シンポジウム
コーディネーター:新井立夫 先生(文教大学経営学部教授)
パネリスト:常盤卓嗣(平塚商工会議所会頭、株式会社トキワヤ代表取締役社長)
城田貴子(平塚青年会議所元理事長 城田法律事務所代表弁護士)
今井宏明(平塚市産業振興部長)
金森慶一(平塚商業高校学校長)

テーマ:学校と地域、産業の繋がり

まず、はじめにパネリスト皆様の自己紹介や仕事内容・役割など平塚七夕まつりの話題も含まれ話をされていました。生徒の支援はもちろんのこと、いざと言うときに助け合う事の大切さ。そのような中、地域で育てられた子ども達は、優しさを持って楽しさも知っている、社会に立つ楽しさを身につけて育っていって欲しいという言葉が印象的でした。それぞれの立場で子ども達を地域から見守り、愛情を持って支えている事がわかりました。

2018年10月06日 寄稿