神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

令和元年度平塚秦野地区交通安全大会

  • http://hadanosogo-pta.org/2019/11/21/090021/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/11/21/090021/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/11/21/090021/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/11/21/090021/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/11/21/090021/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/11/21/090021/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/11/21/090021/

日増しに寒さもつのるようになってきた11月21日に令和元年度平塚秦野地区交通安全大会が、開催されました。
開催宣言から始まり、今年度の大会スローガン
『手にスマホ、耳にイヤホン、命取り』に基づき、PTAや生徒による研究発表が行われました。

・PTA発表
今年度発表校 高浜高校
テーマ
「守ってる?『自分の命』と『交通ルール』」

高浜高校では、年2回の自転車点検、登下校の挨拶運動と交通安全指導や自己啓発ポスターの作成などの活動を行なっているようです。
また、生徒自身も交通ルールを守り、自覚と責任を持ち、「自分の命は自分で守る」ことが大切だというお話しがありました。

・高校生発表
参加した各校の生徒達の発表は、今現在自分達高校生が直面している、登下校時における、スマホのマナーや交通危機意識を中心に、アンケートを取るなどして、分析した内容になっていました。
また、自転車の免許制度についてのシンポジウムは、賛成・反対に分かれての、ディスカッション形式で、とても興味深い内容でした。
クイズ形式で出された問題に、参加者全員で挑戦し、10名の優秀者が景品の図書カードを手にするなど、楽しい場面もありました。
交通安全標語とポスターは、それぞれ7名の優秀作品が表彰されました。

今大会の発表をもとに、もっと生徒達が活発に意見を交換しあい、交通事故による、加害者・被害者が少しでも減ってくれる事を願います。

2019年11月21日 寄稿