神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

第57回神奈川県立高等学校PTA連合会大会

  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/
  • http://hadanosogo-pta.org/2019/12/08/090053/

令和元年度 第57回神奈川県立高等学校PTA連合会大会が12月8日(日)にパシフィコ横浜にて「学び 伝え 活かす」というテーマで開催されました。

神奈川県立高等学校安全振興会作文コンクール授与式では、2名の女子高校生が受賞し作品を発表しました。人との触れ合いの大切さを感じ心の温かくなる内容でした。

広報紙コンクールでは、14校が選出され、最優秀校は七里ガ浜高校で多くの取材の中から内容がコンパクトにまとまっていて、写真も学校の様子がよく伝わってくる広報紙となっていました。
他の受賞校も個性溢れる見応えのある広報紙でした。

午後からは、「前に進む力」という演題で東海大学陸上競技部駅伝監督の両角 速氏の講演会がありました。駅伝の指導に対しての強い思いが伝わって来ました。指導を通して「人を変えることは出来ない。
自分を変えることで人は自分を変えようとする」
という事を学んだとおっしゃっておられました。
子育てや学問でも同じ事が言えるのでとても勉強になりました。

その後、鶴嶺高等学校と横須賀大津高等学校PTAによる地区発表会がありました。どちらの高校もPTA、生徒、先生が一体となり良い学校を築いていこうとしているのが伝わりました。

今回のテーマの通り、たくさんの学びがあり、今後子育てや学びの場で活かして行きたいと思いました。

2019年12月08日 寄稿