神奈川県立秦野総合高校PTAホームページ

PTA会則

第1章 名称

第1条 本会は神奈川県立総合高等学校全日制PTAと称し、事務局を同行に置く。

第2章 目的及び活動

第2条 本会は保護者と教職員で構成され、家庭・学校・社会における生徒の健全な成長をはかると共に、会員相互の教養を高めることを目的とし、次の活動を行う。

  1. 保護者と教職員との協力を促進する。
  2. 学校教育目標達成のため、生徒の訓育、構成、福祉の増進に努める。

第3章 方針

第3条 本会は、教育を本旨とする民主団体であり、本会の名において目的以外の営利的、宗教的、政治的活動を行うことを禁じ、独自性を保持して社会教育関係団体に協力する。また、学校の管理や人事に干渉しない。

第4章 会員

第4条 本会は学校在籍生徒の保護者(父母、またはそれに代わる人)と教職員及び校長、副校長、教頭を会員とする。

第5章 役員

第5条 本会の役員は次の通りとする。

  1. 会 長 1名(保護者1)
  2. 副会長 3名(保護者2、副校長)
  3. 書 記 4名(保護者2、教職員2)
  4. 会 計 2名(保護者1、教職員1)

役員の任期は1年とする。ただし再任をさまたげない。補充された役員の任期は前任者の残任期間とする。役員の兼任は認めない。

第6条 役員は、指名委員会の推薦により総会において承認する。

第6章 役員の任務

第7条 役員の任務は次のとおりとする。

  1. 会 長 本会を代表して会務を総理する。
  2. 副会長 会長を補佐し、必要に応じて会長の職務を代行する。
  3. 書 記 総会ならびに運営委員会の議事の記録、各種文書の保管等、本会の庶務を行う。
  4. 会 計 本会の経理を処理し、総会並びに必要に応じて会計報告を行う。

第7章 会計監査

第8条 本会に会計監査委員2名(保護者)をおき、会計監査の結果を総会に報告する。

第9条 会計監査の選出方法及び任期は役員と同様とする。

第8章 総会

第10条 総会は、会の最高決議機関であって、役員の改選、予算・決算の審議及び承認、年度計画の策定、そんぼ他会を運営するために必要な基本事項について審議し議決する。

第11条 定期総会は年度始めに開く。臨時総会は会長が必要と認めた時、または会員の3分の1以上の同意をもって要求があった場合、招集しなければならない。

第12条 総会は、会員の3分の1以上の出席によって成立し、議事は出席者の過半数の同意により決する。ただし、委任状をもって出席にかえることができる。

第9章 運営委員会

第13条 運営委員会は本会役員、各委員会の正副委員長、校長、教頭をもって構成する。

第14条 運営委員会は、会長または委員の4分の1が必要と認めたとき開き、委員の半数以上が出席しなければ成立しない。

第15条 運営委員会は次に掲げる事項を行う。

  1. 年度計画で立案された事業及び予算案を審議検討する。
  2. 総会に提出する議案の作成および総会において委任された事項を処理する。
  3. 本会の目的または方針に即した各種行事の企画及び実施をする。
  4. その他必要な事務を処理する。

第10章 運営・常任委員会

第16条 本会は運営委員及び常任委員会委員をもって構成する。

第17条 本会は必要に応じて会長が招集する。

第11章 常任委員会・特別委員会・指名委員会

第18条 運営委員会は、第15条第3項に掲げる特定の事項を企画及び実施するため、必要に応じて常任委員会を設けることができる。

第19条 運営委員会は、特定の目的を執行するために、必要に応じて特別委員会を設けることができる。特別委員会はその任務を終了したときに解任する。

第20条 指名委員会は、運営委員会、教職員から選出した委員をもって構成する。

第21条 指名委員会は、被指名者の同意を得て、役員、会計監査の候補者を指名する。

第12章 会計

第22条 本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第23条 本会の経費は会費・事業収入及び寄付金をもって支弁する。会費及び資金獲得の種類を決定する場合ならびに会員または外部のものに対し寄付金を求める場合は総会において承認を得なければならない。

第13章 会則の改正・細則

第24条 本会の会則は、定期総会または臨時総会において、出席者の3分の2以上の賛成により改正することができる。ただし、改正の提案については、総会前にその内容を全会員に通知しなければならない。

第25条 本会の運営を円滑に遂行するため、運営委員会は本会則に基づき必要に応じて細則を定め施行することができる。

細則

第1章 常任委員会

第1条 会則第18条の常任委員会として、次の委員会をおく。

  1. 成人委員会
  2. 交通安全委員会
  3. 広報委員会
  4. 年次委員会

第2条 常任委員会の任務は次のとおりとする。

  1. 成人委員会は、会員相互の教養及び親睦の向上をはかる。
  2. 交通安全委員会は、生徒の交通安全教育を推進する。
  3. 広報委員会は、本会にそった広報活動を行う。
  4. 年次委員会は、生徒の健全なる育成をはかり年次の事業の立案実施にあたる。

第3条 常任委員会の正副委員長は運営委員会の承認の上、会長が委嘱する。正副委員長の任期は1年とし、再任をさまたげない。

第2章 指名委員会

第4条 指名委員会は、次年度の役員、会計監査委員の候補者名を挙げ、被指名者の同意を得て総会の前に全会員に通知する。また、立候補するものはあらかじめ指名委員会に申し出なければならない。

第5条 指名委員の任期は、役員、会計監査委員の選出をもって終わる。

第6条 指名委員は原則として役員及び会計監査委員になることはできない。

第3章 会計

第7条 本会の会費は、1会員あたり月額400円とする。

第8条 入学時に特別教育振興費として7,000円を徴収する。

第9条 前2条に規定する徴収金以外に次に上げる徴収金を設定することができることとし。その徴収額は各年度の予算において決定する。

  1. 教育振興費
  2. 図書費
  3. 環境整備費

第10条 会長は、前3条に規定する徴収金の収入及び経費の執行を学校長に委任するものとする。

第11条 第7条及び第9条に規定する徴収金のうち、生活保護世帯もしくは施設入居者に限り会員の申請により、PTA会費と教育振興費を免除することができる。申請には、諸会費免除申請書(学校事務室備え)と生活保護受給証明もしくは施設入所証明書を提出することとする。

第4章 細則の変更

第12条 この細則は運営委員会において出席者の3分の2以上の承認を得て変更することができる。また、細則の変更は総会に報告しなければならない。